「信用保証」とは

信用保証制度のしくみ

信用保証協会は、中小企業の皆さまが、金融機関からご融資を受ける際、 保証人となり、融資を受けやすくするための公的機関です。 信用保証制度のしくみは次のようになります。

相談

(1) 保証協会又は金融機関の窓口へご相談下さい。

申込

(2) 保証(融資)のお申込みを受け付けします。

審査承諾

(3) 保証協会は、企業の事業内容や経営計画などを検討し、保証の諾否を決め金融機関に通知します。

融資

(4) 保証承諾の通知を受けた金融機関は資金をご融資します。 このとき、金利とは別に「信用保証料」をご負担していただきます。

返済

(5) 融資条件に基づき、借入金を金融機関にご返済していただきます。

返済が困難な場合

(6) 万一、何らかの事情で、借入金をご返済できなくなった場合、保証協会は中小企業の皆さまに代わって、金融機関に借入金の残金を返済(代位弁済)します。

(7) 保証協会はこの代位弁済により、金融機関が有している地位を法的に継承しますので、その後は、ご相談しながら保証協会に借入金をご返済していただきます。