協会概要

信用保証協会は、平成10年の金融危機時や平成20年のリーマンショック時など、経済情勢の急変時や災害・事故時には迅速に金融支援の体制を敷き、影響を受けた中小企業者さまの一刻も早い回復に貢献し、地域金融におけるセーフティネット機能を果たして参りました。
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に対しても、特別な保証制度を創設し金融支援に全力を挙げています。
信用保証協会は、「公的保証」制度によって、これからも中小企業者さまと地域の頼れる金融機関・支援機関の「かけ橋」となり、中小企業者さまの発展と長期的な経営の安定を支えて参ります。

近年の出来事と信用保証協会の対策

(令和4年4月現在)

創立 ・昭和24年4月 社団法人として発足
・昭和25年7月 財団法人に改組
・昭和29年6月 特殊法人に改組
所在地 〒920-0918 金沢市尾山町9番25号
代表電話番号 076-222-1511(総務企画課)
役職員数 72人
基本財産(資金規模) 206億円
保証債務残高(保証規模) 3,009億円
保証利用企業数 14,080企業
根拠法律 信用保証協会法 (昭和28年)
関係法律 中小企業信用保険法 (昭和25年)

沿革

左右にスクロールできます
年月日 協会のあゆみ 社会でのできごと
昭和24年4月20日(1949年) 社団法人 石川県信用保証協会設立
金沢市尾山町9番13号 石川県商工会議所2階にて業務開始
昭和25年7月10日(1950年) 財団法人 石川県信用保証協会設立
信用保証協会法による特殊法人に組織変更
昭和30年(1955年) 全国信用保証協会連合会設立
昭和31年12月15日(1956年) 金沢商工会議所3階に事務所移転
昭和33年10月1日(1958年) 金沢商工会議所別館に事務所移転
昭和34年(1959年) 保証債務残高10億円
昭和50年11月8日(1975年) 現在の住所地 金沢市尾山町9番25号に移転
平成10年(1998年) 中小企業金融安定化特別保証制度の実施 金融危機
平成20年(2008年) 景気対応緊急 保証制度 リーマンショック
平成21年(2009年) 中小企業金融円滑化法施行
平成23年(2011年) 東日本大震災復興緊急保証制度 創設 東日本大震災
平成27年(2015年) 専門家派遣事業を開始
平成28年(2016年) 新基幹業務システム(コモンシステム)移行
平成30年(2018年) 女性支援チーム(愛称:エクート)結成
専門家集団にその道のプロが加わる
平成31年(2019年) 設立70周年
令和2年(2020年) 新型コロナウイルス感染症緊急特別融資保証制度(ゼロゼロ制度)創設 新型コロナウイルス感染症

アクセス

ページトップへ戻る